レーザーポインター販売

HTPOW2016最安値10000mwレーザーポインターブルー高出力の購入:

商品が小さいので、宅急便では無く郵便受けに入れられる配送だと受け取りが楽になるかと思います。

1:HTPOW光が強い青色人気レーザーポインター,

Q理論物理学の知識をお持ちの方にお聞きします。

すいませんが「集団ストーカーX線装置をゴーグルにする」
で動画検索して頂きましたら、
後方散乱X線装置をゴーグルにする方法の動画がありますので
短い動画ですので御覧頂いた上でお聞きしたいのですが、
・・・・・以下は仮の話です・・・・・
ミチオ・カク博士の御説明と一点だけ異なりますが、

HTPOW海外製レーザーポインター販売
ストーカーがアジトの2階から
すぐ目の前の住居内の特定個人の頭だけを狙って、
正確かつ的確な暴行傷害を加えて遊ぶために、
まず、小型のX線照射装置を専用の台座付の三脚に取り付けて
アジトの2階に常設しているといたします。
本体の高さはストーカーの胸の位置で、ストーカーが真後に立って
両手で自在に本体の向きを変えられる様にしているといたします。
次に、ミチオ・カク博士の御説明通りのロブスターアイ型の、
X線専用のCCDチップを内蔵したゴーグルをストーカーに装着させて
眼には、液晶を埋め込んだコンタクトレンズを
装着させているといたします。ストーカーの眼には、
X線を照射している、すぐ目の前の住居内の特定個人の頭だけは
X線画像ではありますが、一直線に観ている様に観えています。
ここで理論物理学の知識をお持ちの方にお聞きします。
X線は、もちろん薄い金属板等は「通過」いたします。
たとえば、盗撮(壁等の向こう側を透視)の被害者が、
ストーカーの方向(つまり自室の壁)に向けて、強い光のLEDライトや
レーザーポインターで、少しでも盗撮(透視)をさせない様に
抵抗したといたします。
ストーカーの液晶を埋め込んだコンタクトレンズの表面には、
被害者の頭が鮮明なX線画像で映っているわけですが、
強いLEDライトの光や、レーザーポインターの溶接の光みたいに
強烈な光は鮮明に映るのでしょうか?
もし、それらの光も鮮明に映るといたしましたら、
たとえば、それらの光だけを映らない様にして、
人物だけを映らせる様な方法は何かありますか?

超強力レーザーポインター

A1: 風船がわれる超強力レーザーポインター理論物理学?
goo辞書によりますと
物理現象を理論的に研究する物理学の分野。実験的事実・経験的法則をもとに普遍的理論・基本的原則を導き、さらに未知の事象を推論する。
質問内容を見ると物理現象を理論的に論じていない様なので私でも答えられそうですね。

超強力高出力レーザー販売

物理以前に科学、技術面でおかしいところがあります。
>X線専用のCCDチップを内蔵したゴーグルをストーカーに装着させて
>眼には、液晶を埋め込んだコンタクトレンズを装着させているといたします。
X線を照射したからといって照射している側からは見えませんよ?
レントゲン写真を思い浮かべてください胸の写真を撮る際、照射機側を胸に当て背中にフィルムを置く配置です。X線の透過量で体内の陰影が写るという仕組みです。
仮に壁をも貫通できるX線があったとしたら反対側のビルで照射して見るしか無く観測者ももろにX線を浴びることになります。
液晶を埋め込んだコンタクトレンズはまず無理。焦点が合いません。可能性があるならgoogleゴーグルでしょう。

>X線は、もちろん薄い金属板等は「通過」いたします。
基本的に通過しない。そんなことでは空港の手荷物検査で検査できない。
この薄い金属って何を示しているのでしょうか?建物の中の構造物でしょうか?木造安アパートでも5~10mm程度の鉄製の構造物は入っているので貫通は無理です。コンクリートや煉瓦も貫通しないでしょう。

>強いLEDライトの光や、超高出力レーザーポインターの溶接の光みたいに
>強烈な光は鮮明に映るのでしょうか?
前述したとおり無理だし電磁波と光(可視光)は目視で干渉現象は観察できない。
※光(可視光)も電磁波の一種なので干渉しないとは言いませんが干渉しているかの目視は無理でしょう。
>映らせる様な方法は何かありますか? 
心配しなくてもこのようなスパイ映画のことは実現不可なので対策をアレコレ考える必要はないです。

カラス撃退

カラス対策レーザーポインター,

補足コメント:

御回答頂きまして有難うございます。 参考にさせて頂きます。

御説明が足りなかった様ですいません。
短い動画を観て頂いたと思いますが、ミチオ・カク博士は理論物理学者の
方でして、テロ対策用に新たに開発された「後方散乱X線撮影装置」

カラスレーザー

という、小型トラックの荷台に装置一式を搭載して、移動しながら、
すぐ目の前のコンテナの中や建屋の中等にX線を照射して、
(この次の具体的なメカニズムについては詳しい解説は省略されています)
モニターにコンテナの中の人間の輪郭や動きを鮮明に映し出していました
この動画の小型トラックはフェイクじゃなくて「実物」なのです。
つまり、この移動式の小型トラック型のテロ対策用のX線透視装置を
ゴーグル型に出来ないかという、理論物理学的な考証なのです。

つまり、通常の、X線を使った「検査装置」ではなくて、
あくまでも「テロ対策用の透視装置」なのです。

https://www.dopr.net/lw97ed

https://note.mu/dsjtpr/n/n1c9a110bda8e





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています